近年増えてきている海洋葬

subpage1

日本では火葬をして、お墓に遺骨を納めるのが一般的ですが、近年では新しいスタイルでの葬送を希望する人が増えてきています。その背景には、海や山が好きだから最後は自然に還りたいなど、自由なスタイルで自分の死後のことを生前にきちんと整理をして、自分らしい葬送をしたいと思っている人の増加や、お墓の購入費用が高額だったり、少子化や核家族化でお墓の維持が大変なこともあり、お墓の購入を選択せずに、自然への散骨などを希望する人が増えていることなどが上げられます。


そんな新しいスタイルの葬送の中で、海に散骨をすることを海洋葬といい、海に囲まれた日本では地域や散骨会社によって様々な特徴をもった海洋葬の仕方があります。

埼玉の樹木葬情報探しのヒントをお教え致します。

海洋葬では大きくわけて代表的な三つの散骨方法があり、一つ目が個人散骨。
故人の親族のみで船を貸しきって散骨するスタイルで、出航から帰航まで親族のみでセレモニーを行うので、故人とのお別れや思い出をゆっくりと偲ぶことができます。
またチャーターなので比較的融通が利くので式の演出などを自由に行うことができます。

日本経済新聞の為になる情報です。

二つ目が合同散骨。

いくつかのグループが船に乗り合わせて散骨をするスタイルで、メリットは金銭的な負担が少なくて済むことと、比較的大きめの船で行くので設備がしっかりしており、揺れが少ないため船酔いをしにくいという面です。


三つ目が、代行散骨。



散骨会社へ事前に遺骨を預けて、散骨を代行してもらいます。

立会いがいらないので、費用が大分抑えられるのが特徴です。

故人が海洋葬を希望していても、回りの親族によってお墓に遺骨を納められる場合もあります。
そうならないために、生前からしっかりと親族と話し合い、確認をしておくことが大切ですね。

葬式をよく学ぶ

subpage2

現在、葬儀のスタイルも宗教や固定観念にとらわれず、多様化してきました。さまざまな新しい注目の葬儀スタイルのなかでも「海洋葬」が話題を集めています。...

more

情報分析!

subpage3

どなたにも等しくやってくるのが人生の最後です。親族や知人に送られて、あの世に旅立った後、どのように葬ってもらいたいか?特に最近は様々な希望をお持ちの方がおられます。...

more

学びたい知識

subpage4

海洋葬とは死後の埋葬の方法の一つであり、散骨の一形態と捉えることができます。ご遺体の焼却後のご遺骨を墓など決まった場所ではなく陸地や海などに散布するのが散骨ですが、海洋葬は文字通り海へ還す行為です。...

more

葬式関係の情報

subpage5

お墓を購入しても死後のメンテナンスが不安だとか、墓という形式に疑問を感じるという人もいるかもしれません。そんな人には自然葬がおすすめです。...

more