医療レーザー脱毛とエステの脱毛の違い

エステやクリニックで行う脱毛の施術がそれぞれ違うものだということをご存じない方もいるのではないでしょうか。

この二つは似ているのですが、明確な違いがあります。

エステで行う脱毛は、光脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛などサロンごとに呼び名が違いますが、原理は同じものです。
特定の波長をもつ光を脱毛したい部位にあてると、毛穴の中の黒い色素であるメラニン色素と反応し熱が生まれます。

この熱で、毛穴の中の毛母細胞にダメージを与えます。

レーザー脱毛について真剣に考えてみました。

毛母細胞は名前の通り毛を生み出す細胞です。


この細胞が破壊されることにより、発毛ができなくなるという仕組みです。

クリニックなどで行う医療レーザー脱毛も、実は原理はエステの脱毛と同じです。


しかし明確に違うのが、機器の出力です。
エステサロンでは低出力の機器の使用しか認められていませんが、医療機関のレーザー脱毛器機はそれよりも高出力のものを使用しています。



そのため、医療レーザー脱毛の方が、毛母細胞を確実に破壊しやすくなります。



施術回数も少なくて済み、脱毛後の毛の再生率も低く高い効果が得られるとされています。


しかし、クリニックの脱毛が良い点ばかりかというとそうとも言えません。


なぜなら、高出力のレーザーを照射するために、肌への刺激は医療レーザー脱毛のほうが強くなるからです。


また、一般的に費用もエステに比べて高くなる傾向にあります。

エステとクリニック、どちらで施術を受けるのが良いかは、肌の状態や体質、毛質などにより異なってきます。

それぞれでカウンセリングを受けるなど自分にあった施術をすることが大切です。